坐(座)骨神経痛

          Sciatic neuralgia




  当HPをご覧頂き有り難う御座います。

今このHPをご覧になっているのは、単なる偶然ではなくそれなりのご縁が有るからですので、このご縁を今後の人生に生かして頂ければ幸いです。




 

坐骨神経痛というのは病名では無く症状を現した名称なのです。坐骨神経痛とする原因は多数あり、腰椎椎間板ヘルニアによるモノや腰部脊柱管狭窄症等が有り、坐骨神経痛の2大原因とされております。
ですが2大原因とするモノも、坐骨神経痛を伴う腰痛も有れば、伴わない腰痛もあります。
坐骨神経痛は臀部や下肢がシビレたり麻痺したり痛くなったりするもを指すので、医師に「ざこつしんけいつう」だと診断された場合には、貴方の原因がどの様なモノなのか詳しく説明をして頂く必要が有ります。
なお、「筋筋膜性疼痛」による症状の人も少なく有りませんが、当方ではその様な人こそ得意とする症状です。


坐骨神経痛は要因の特定が難しい?!
坐骨神経痛の中には椎間板ヘルニアによるモノも有ればそうでないモノも有り、要因は様々有ります。 整形外科ではレントゲンやMRI検査で要因とするモノを探るのが通常の検査ですが、その要因とするモノが見つかれば対処法は有るでしょう。

しかし、ハッキリとした要因が見つからない場合は整形外科では手だてが無く、痛め止めを処方して暫く安静にして様子をみさせる事しか無いのが現状の様です。

それ故に医師を信じている患者さんは長い歳月を苦しみながら耐える事を余儀なくさせられております。

医師からすれば患者さんがいくら痛みに苦しもうが経済的に困ろうが「治らないのだから仕方がない」と言いたいかの様に痛み止めを処方する事しか出来ない事に 医師自身は不甲斐なさを感じているのか疑問に思えます。

しかし、当方においでの患者さんの中には、1年前に「あなたの坐骨神経痛はもう治らない」と医師にサジを投げられてしまい、治療も殆どして貰えないので「治らない」という事ならいくら通院しても仕方ないと、完治は諦めて通院を止めて我慢をしていたそうです。

ですが、当院で1時間足らずの施術をしただけで、痛みの総てが無くなりその後もぶり返すことも無いとの事です。

患者さんは、医師が「治らない」と断言した根拠とは何なのか その医師に問い正したい気持ちでいっぱいだと、憤りを顕わにしておりました。


知られていない要因
坐骨神経痛は画像検査で原因が掴めない事が多い様で、腰部に異常が見つからない場合は「原因不明」としてお座なりの治療擬きがされるだけであり、患者様からすると不甲斐なさを感じる事でしょう。

その様な場合には筋肉の異常を考える事が妥当ではないでしょうか。
しかし、多くの治療師の間では「梨状筋」に目を向ける様です。ですが実際には「双子筋や大腿方形筋」が要因の事が多い様なのです。

それを見極める方法としては、「椅子等に座っている仕事をしている人」が坐骨神経痛だと診断されるケースです。
この様な人は梨状筋よりも双子筋等の方が悪影響を受けやすいのですが、それらには目を向けていない治療師が多いのは残念に思います。


骨格矯正は不要
骨格の矯正によって多くの症状を治せるとする療法が複数有りますが、ソモソモ骨格が歪むという事は何れかの筋肉等が硬くなるとか縮んでしまう事で起きる状態ですので、骨格の歪み自体をいくら矯正したとしても一時的な事で直ぐに元の状態に戻ってしまいます。ですから、それらの処では繰り返し行わなければならないとして通院をさせるのでしょう。

勿論商売としてはその方が良い訳ですから其の目的からかも知れません。
それでも患者さんの希望通りの結果が出れば多額の費用をかけた甲斐も有るでしょうが、骨格の矯正法はあまりにも危険度が高いと言わざるを得ないでしょう。

要するに、骨格が歪んでいたとしても危険なリスクを伴う矯正などせずとも筋肉等を改善すれば、骨格は正常範囲に収まってしまうのです。ですから骨格矯正は通常では無用だと言っても過言ではないでしょう。


私の目的の一つは
 「もっと早く当方の施術を受けていれば良かった」
      と満面の笑みを頂く事です。

 「袖ふれあうも多生の縁」と言います、あなたが此のHPをご覧に
  なったのは単なる偶然ではありません、何かの縁ですので、この
  ご縁を大事にして是非とも楽しい人生を送ってください。


◆磯﨑治療院は当該サイト上で、ご覧の皆様の状況に於いて当該サイトの内容が適切であるか否かの記述や表示は一切行いません。当該サイトへのアクセスはご覧の皆様の自由意志によるものとし、当該サイトのご利用に関しての責任はご覧の皆様にあるものといたします。

最後までご覧頂き有り難う御座います。
あなたの素晴らしい未来が開ける事を心より願っております。

商標・写真・文面の総ては著作権により、無断での引用転載等禁止。

意外と知られていない坐(座)骨神経痛の実態

坐(座)骨神経痛とは