椎間板ヘルニア

          Slipped disk




  当HPをご覧頂き有り難う御座います。

今このHPをご覧になっているのは、単なる偶然ではなくそれなりのご縁が有るからですので、このご縁を今後の人生に生かして頂ければ幸いです。





ここでは腰椎の椎間板ヘルニアについて記します。

腰痛で悩んでいる人の中には椎間板ヘルニアによる痛みが原因の人もおります。しかし、MRI検査をすると痛みの無い人でも60歳以下の人には1/5に、60歳以上の人には1/3にヘルニアが存在し、80%近くの人に椎間板ヘルニアによる膨らみが見られるそうです。 

ですから、腰痛の原因が必ずしも椎間板ヘルニアというわけでは有りません。医師はMRIの検査等の画像を主な判断材料にしており筋肉等の異常を無視している様です。

それで、残念ながら画像で異常がみつからない場合は医師には「様子をみましょう」や「痛み止め」くらいしか方法が無いのでしょう。又は「牽引」これは殆ど意味が無いでしょうし、牽引後にかえって悪化したという事を聞いた事が多々有りますので注意をする必要が有ります。

要するに、痛みが酷く治らないとしても医師から「椎間板ヘルニアの初期症状だからしばらくの間様子をみてください」などと言われた場合はその医師には手の施しようが解らないので、「匙(さじ)を投げた」と解釈しても良いでしょう。その様な場合には当院においで頂ければ改善できる可能性が有ると思います。


椎間板ヘルニアとは
椎間板は背骨と背骨の間に随核と呼ばれる(あんパンのアンコの様な)物が有ります。これを上下の背骨が圧迫する事で「アンコ(髄核)」が皮を破って出てしまい、神経を刺激します。すると腰痛になったり座骨神経痛としての症状が出るのです。

この「アンコ」は最近では時間はかかりますが自然に小さくなってしまうとか、ヘルニアは出てもマクロファージ(外部からやってきた細菌など体の中のいらないものを食べるお掃除やさん「白血球の一種」)が食べてしまう事で無くなってしまう事も有るとも言われておりますので、よほど酷い状態でなければ手術は出来るだけ避けた方が良いのではないでしょうか。

頸椎に同様の事が起こると「頸椎椎間板ヘルニア」となります。
なお、「筋筋膜性疼痛」による症状の人も少なく有りませんが、当方ではその様な人こそ得意とする症状です。


椎間板ヘルニアによる腰痛は希だ
確かに椎間板ヘルニアが神経に触れている事が痛みの要因で有ると断定されれば手術の必要な場合も有りますが、ヘルニア除去の手術が必要とされる腰痛の人は僅か約5%にすぎず、腰痛の人では筋肉等の状態を改善する事で、痛みを和らげたり無くす事も可能な人も少なからずいる事は事実です。

なお、医学界では腰痛の原因が解らない約85%の人のうちの1/3にストレスが関係している患者さんがいると考えられています。それらの場合はいくら安静にしていようが湿布を貼ろうが痛め止めを飲もうが治る事はありません。

ここでは医師の対応について記します。

過去に椎間板ヘルニアと診断され手術をする寸前に来られた人が良くなた事も有ります。医師は自尊心を傷つけられたく無い為なのか、マッサージ師や整体師等に直される事を忌み嫌いますので「揉んではいけない」「出来るだけ安静にしている事」等と言いますが、その様に言われた人が簡単に痛みが消えた事は枚挙にいとまがありません。その為か、患者さんの中には医師に不信感を抱いて来院される人も少なくありません。
 
患者さんは、椎間板ヘルニアに限らず治療方法や難しい理論の如何を求めているのでは無く、少しでもリスクを少なくしかもより早く痛みを無くして欲しいと願っているのです。医師は自分のメンツなど考えずに患者さんの身になって治療をして貰いたいものです。


脊髄終糸症候群
「新型腰痛」だとして紹介されておりますが、新型では無く最近になって医学界で原因とするモノが解った、という事なのです。要するに、「腰痛の原因として新たに解明された事の一つ」に過ぎないのです。

ぎっくり腰や腰痛癖になっている人に起こりがちな症状ですが、これらの方はヘルニアと間違えられやすい。
症状が起きる要因としては。脊髄の血行不良によるモノで、以下のような症状がみられます。
・生まれつき体が硬い。
・両足まで痛みが有る。
・頻尿や便秘や下痢などを伴う。
・前屈で、頭を上げると痛みが和らぐ。 


 解消法
西洋医学的な対処法では、脊髄終糸を手術によって切断するしか無い様ですが、当方の対処法では硬くなっていたり縮んでいる背筋や臀部筋等を解す事と引き伸ばす事で脊髄終糸への負担を改善する事で痛みを解消しております。
要するに、脊髄終糸への負担を軽減させれば、大げさな手術などせずとも痛みはかなり簡単に解消出来るのです。

なお、「カイロプラクティック」が腰痛やぎっくり腰にも有効だとした人もおりますが、ぎっくり腰の人の腰部や臀部の筋肉等は酷く硬直している場合が少なからず有る事からして、むやみに骨格を矯正する様な事をするとかえって悪化させてしまう恐れが多分にありますので、安易に飛びつかない方が賢明だと思います。


◆磯﨑治療院は当該サイト上で、ご覧の皆様の状況に於いて当該サイトの内容が適切であるか否かの記述や表示は一切行いません。当該サイトへのアクセスはご覧の皆様の自由意志によるものとし、当該サイトのご利用に関しての責任はご覧の皆様にあるものといたします。

商標・写真・文面の総ては著作権により、無断での引用転載等禁止。

椎間板ヘルニアが腰痛の原因になる事は少ない

椎間板ヘルニアの影響